コーディングの自主練

数をこなすとスピードも上がってくると思うのですが、自分の使いやすいエディタとかも気になります。

ということで、人気のあるものを導入し、摸索中です。

いろいろ使ってみたけど今はBracketsがお気に入り

おすすめエディタでよく紹介されているものはとりあえず使ってみるのですが、最近使っているBracketsは、便利な拡張機能がたくさんあって感激しながら楽しく作業ができるのでお気に入りです。

最初は使い慣れていないところもあり、細かいスタイルを書くときや、仕上げのチェックにBracketsを活用させていただいていたのですが、いまはほとんどBracketsです。

便利な拡張機能

Emmetという、HTMLやCSSを効率的に書くのに便利な機能があります。
コードを全部書かなくても決まったルールでタイピングすると目的のコードに変換してくれるので、慣れたら凄くスピードがあがりそう♪と期待しています。

Extract for Bracketsは、Photoshopを開かなくても、Bracketsでpsdを読んで画像アセット、要素の幅などのプロパティを抽出することもできる拡張機能です。
でもこの機能は2016年6月28日で廃止なのです。

「抽出の機能は6/28までです。Photoshop・Dreamwaverでできます」みたいな英語のメッセージができたので調べてみたら、やっぱり使えなくなるらしく・・・。

今後はDreamwaverでBracketsが使えるようになり、アップデート、機能を追加していく予定とのことです。

ということで、しばらくはBracketsとPhotoshopでいこうと思います。

使いやすさは人それぞれなので、実際に使ってみるのが一番ですね。