トランクルームへ荷物を預けるお引越し

新しい部屋の入居日が少し先なので、一旦トランクルームへ荷物を預けるという単身引越しをお手伝いしてきました。

春の新生活に向けて不動産も混雑していて、人気物件はすぐに決まってしまうこの時期。

現在のお部屋の退去日が近づいてきているのに、新居の入居可能日が先になってしまうこともありますよね。

春の引越し部屋が空あくまでトランクルームへ

トランクルームへの引越し理由

シーズンオフの荷物や本など趣味のものなどの収納がわりにしている利用者も多いようですが、引越しの場合は、

  • 春に正式な配属先が決まったら引越しするので。
  • 遠方に転勤になり、半年後に東京に戻ってくるので。
  • 退去日と入居日の間があいてしまうので。

など、他にもさまざまな理由で、一時的に荷物を預けるため運送のご依頼があります。

学生さんで、実家が遠いけれど決まったらまた東京へ来る予定という場合、行ったり来たりの引越し代はすぐ近所に運ぶのと比べると費用もかさむため、親御さんは大変です。

短期間だったらトランクルームに保管し、長引きそうなときは長距離でも実家へ一旦荷物を運ぶなど、いろいろと工夫をされています。

東京のトランクルーム

引越しのご依頼でよく行くキュラーズというトランクルームは都内各所にあり、倉庫にしては綺麗で明るくセキュリティもよさそうな雰囲気。

部屋のタイプを選ぶことができるのですが、昨年の3月末に引越しのお手伝いをさせていただいたお客様は、「さすがに3月末で広い部屋しか空いていなかった」と言われていました。

広すぎてガラガラだったので、ちょっともったいですねぇ・・・と、話をしていたことを思い出しました。

状況によっては倉庫に預けることになりそうということなら、早めに見学したり様子を聞いておくといいと思います。

3月~4月にかけて、学校や勤め先の日程も忙しく、ゆっくり考えている時間もないので、悩ましいところでしょうが、よい形でのスタートができるといいですね!

関連記事

About us

東京都江戸川区拠点

ブログをお読みいただきありがとうございます!
軽トラックでの緊急配送、単身引越しをお取扱いしています。