単身引越しコンテナ1つでは積みきれない荷物

単身引越しパックのようにコンテナといって箱型のケース(かごのようなもの)に荷物を入れ、1台のトラックに複数のコンテナを積んで運送する方法は、他のお客様のお荷物と一緒に運送するので長距離でも比較的リーズナブルな引越しができます。

荷物の到着までは多少時間がかかりますが、宅配感覚で少量のまとまった荷物を送る事ができるので、一人暮らしの単身者さんにお馴染みのサービスですね。

コンテナのサイズは各社様々ですが、積める分の荷物を定められた料金で運んでくれます。

※一部のお荷物は積める積めないという量の問題ではなく、取扱い不可のものもありますので事前に確認しておいた方が良いです。

大きな荷物が少なく、ダンボールや衣装ケースなどのお引越しに向いています。

特に移動が長距離で、引越し日も、到着日も急がない、コンテナに十分入る荷物量という場合は、値段もトラックを貸し切るよりお得になる事が多いので、当店でも他社さんの単身引越しパックの方が良いですよとおすすめさせていただく事は多々あります。

大体は数日前など事前の予約が必要なので、荷物が少なくて単身引越しパックで積める量でも、急だと対応は難しいかもしれません。

引越し日がわかっていて、荷物が少ない方は早めに予約したほうが良いでしょう。

単身引越しパックのコンテナ1つでは積みきれない・・・

積みきれないと困った様子

「どうしよう・・・。困ったなぁ」となるのが、ベットや自転車というかさばる物がある場合や、単身引越しパック1つでは積みきれない荷物量の時です。

コンテナが2つになってしまうと値段も倍になってしまうので、軽トラックで運ぶ方法の見積も聞いてみたいということです。

この間は、自転車は折り畳み式でしたが、ベッドと32型の液晶テレビもあり、軽トラック1台がいっぱいになる荷量でしたが、ダンボールが多少余っても宅配で送れば予算内だとご依頼いただきました。

荷造り後に増えてしまえば積めないこともあるので、いずれにしても荷物量をできるかぎり正確に申告しておくことは予定外の出費を防ぐ秘訣です。

見積前に半分ほど荷造りを進めておくと、予定と実際の荷物量が全然違うという事は少ないと思いますが、荷造りしていない段階でダンボール数を正確に予想するのは難しいですよね。

念のため多めに予測していたという方さえ、数個は増えてしまうようですので、多めに考えているくらいがちょうど良いと思います。

距離や荷物の内容はお客様毎に違うため、見積をしてみないことにはどちらが得とか安いかなどは判断できませんので、「コンテナ1つでは収まらなそうだけど、どうしようかなぁ~」と思った時の参考にしていただければと思います。

ちなみに、軽トラックの単身引越し便では、6畳一人暮らしの方の標準的な荷物内容ですと、自転車、ベッド(シングル~セミダブル)も一緒に積んで運んでいます。

詳しいサイズ、分解等の形状の情報をお聞きしてご相談させていただきますので、サイズもご用意していただくとスムーズかと思います。

関連記事

About us

東京都江戸川区拠点

ブログをお読みいただきありがとうございます!
軽トラックでの即日運送、単身引越をお取扱いしています。