引越しの手続き忘れずにチェック!

引越しの手続きの中でも、お住まいの市区町村へ「転居・転入」の届けは重要です。

ガスや水道、電気の使用についての連絡、各利用サービスへの住所変更の連絡などなど、短期間のうちにやらなければならない手続きがたくさんありますね。

引越し前後はバタバタとしがちで、忘れてしまうことがあるかもしれません。

引越し後にゆっくり連絡しても大丈夫なものはさておき、忘れると予定外のお金がかかるかもしれない手続きについては、しっかりチェックしておきたいところです。

引越し手続き備忘メモ

引越し手続き備忘メモ

引越し前に済ませておかないと使えないものもあれば、期限内に行わなかった場合に罰則になるようなものがあるので、優先順位をきめてスケジュールする、カンタンな備忘メモや、TODOリスト、自分のわかりやすい方法でスケジュールしておくことをおすすめします。

他の市区町村へ引越しする場合の手続き

役所で同時に手続きできることは、できることは一緒にしてしまいましょう。

引越し前の「転出届」

他の市区町村へ移動される場合は、現在お住まいの市区町村の役所に「転出届」を提出します。

  • 新しい住所に引越しをする14日前までに提出
  • 印鑑
  • 本人確認書類

転出証明書
転出届をすると、もらえます。引越し後の転入届の際に使用しますので、なくさないようにしてください。

マイナンバーカード、住民基本台帳カードを持っている場合、転出証明書を省略して転出・転入の手続きができます。

代理人に頼む

本人の自著押印がある委任状など、代理のかたとの関係によって必要な書類がありますが、どうしてもご自身の都合がつかないときは、ご家族など代理のかたにお願いすることもできます。

郵送で届ける

お住まいの市区町村によっては郵送での届けを行うことができるところもあります。

窓口に行けばその日に済ませられますが、郵送では手続きに日数がかかることもあるので、余裕をもって送ったほうがよいでしょう。

転出届の時に役場で一緒に手続きできること

印鑑登録・国民健康保険
転出届の時、「印鑑登録の廃止届」と「国民健康保険」の手続きも一緒にします。

役場によって、担当の窓口が違ったりするかもしれませんが、何度も行ったり来たりしなくて済むように、できることは一緒にしておきましょう。

  • 実印・登録カード(ある場合)
  • 国民健康保険証(旧住所のもの)
  • 年金手帳(国民年金第1号被保険者の方)

郵便局に転居届
役場での手続きを済ませたら、その足で、郵便局に行けたら「転居届」もしておくと良いです。

転居届という郵便局に置いてあるはがきに新住所等を記入し届けておくと、1年間は旧住所宛てに自分の名前で届いた郵便を新住所へ転送してくれます。

引越し後の「転入・転居届」

他の市町村から引越しをしてきた場合は「転入届」、同じ市区町村内は「転居届」というものを提出します。

  • 新しい住所に引越しをした14日以内に提出
  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • マイナンバーカード(または通知カード)

引越し元から転出後14日以内に引越し先の役所に提出する必要があります。
※転出証明と印鑑を持参してください。

同じ市区町村へ引越しする場合の手続き

引越し後に「転居届」というものを役所に提出します。

  • 新しい住所に引越してから14日以内に届ける
  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • マイナンバーカード(または通知カード)
  • 住民基本台帳カード(持っている方は)

※その他は、上記の「他の市区町村へ引越しする場合」と同じです。

転出届はしませんので、引越し前にやることは少しだけ楽ですが、それでもいろいろありますね。

転入・転居届の時に役場で一緒に手続きできること

一緒に、印鑑登録、国民健康保険、国民年金手帳の手続きもしてもらいましょう。

  • 実印
  • 国民健康保険証(旧住所のもの)
  • 国民年金手帳(国民年金第1号被保険者の方)

印鑑登録
「印鑑登録」を新たにします。

国民健康保険
「国民健康保険」を新しく交付してもらいます。

国民年金手帳
国民年金第1号被保険者の方は、「被保険者住所変更届」も一緒に提出します。

「国民年金手帳」手帳は、そのまま使用しますが、新住所に変更してもらいましょう。

その他の手続き

自動車登録
車を持っている方は、引越し先の陸運支局にて、転出後15日以内に手続きをします。

※車庫証明、車検証、住民票、印鑑(実印)を車と一緒に届けます。

運転免許証
住民票と免許証・写真を警察に提出して住所の変更手続きをします。

諸会員の住所変更
その他、諸会員の住所変更も、忘れずに!保険・クレジットカード・プロバイダー・通販 etc、利用頻度の高いものから順に変更しましょう。

引越し日の前後2週間は役所で手続きをする期間と覚えておこう!

役所へ届けでなければならないものを忘れてしまうと、50,000円以下の過料という罰則になることがあります。

忙しい場合は、代理人にお願いすることもできますし、郵送で受けてくれる役所もありますので、忘れないように気を付けましょう。

また、細かくは各地域で異なっている場合がありますので、お住まいの役所のホームページで確認したり、電話でよくきいていただくようお願いします。

関連記事

About us

東京都江戸川区拠点

ブログをお読みいただきありがとうございます!
軽トラックでの即日運送、単身引越をお取扱いしています。