引越し用ダンボールの準備・購入方法

引越しといえばダンボール。

引越しの荷造りに欠かせないダンボールは必需品ですが、1枚あたり200~300円ほど、それに送料もかかります。

節約&エコをしたい時は中古ダンボールを使用する、

料金も大事だけど、それより時間を優先したいという場合は、時間を買うことに価値をおきダンボールは購入する方法で、

自分にあった引越しの準備をしましょう!

引越し用ダンボール準備購入方法

引越し用ダンボール準備の仕方

引越し屋さんに見積をきくと、ダンボールはサービスしますよ!といわれることがあります。

そういう場合も、実はお客様側には見えない形(経費)には入っているものです。

ということは、やはり自分で用意した方が節約引越しはできそうですね。

中古ダンボールで節約&エコを優先したいかた!

中古ダンボールはスーパーや商店などで無料で分けていただけます。

お店側は捨てるものが減るので喜んでわけてくれますし、引越しが終わってすぐに処分してしまうダンボールをリサイクルすれば環境にも貢献できます。

近くのお店に聞いてみてはいかがでしょう?

お引越しまで時間のある方、枚数も少なくて良いという方向けですが、レジの側や「ご自由にお持ち下さい」となっているところが多いようで、店員さんに聞くと教えてくれますよ。

引越しが決まったら、近場のお店に行って、きれいなものを選んで少しずつもらっておくと良いと思います。

いっぺんに持ってこようと思っても、引越しに最適なサイズや状態の良い箱が、いつでもたくさんあるとは限りません。

時間もお金も大事だという方へ。ちょこっとガイド

  • 節約はしたいけどきれいな箱がみつからない・・・
  • 20枚ほど必要なのだけれど、集めるのけっこう大変そう・・・
  • 引越しまで集める時間がない

そんな時は、何をどれくらい梱包するのかにより、中古の箱と新品を混ぜて使うというのも考えてみてはいかがでしょう?

例えば、大事な衣類などはなるべくきれいな箱に入れたいけれど、日用雑貨品(使いかけの洗剤、台所用品、調味料)、靴などは中古の箱でもいいかな・・・など。

当サービスの場合、全体の7~8割はダンボールを使って梱包していただき、残りの2~3割は袋に入れていただいても構わないとしています。

衣類や柔らかいもの軽いものを袋に入れておくと、荷台の隙間活用ができてバランス良く積めます。

業者やサービスによって取扱いが違うので、ダンボールではなく袋でも良いか?を必ず確認してください。

もし、いいですよ!という場合は、衣類や軽雑貨(ワレモノ以外)を紙袋やビニール袋などに入れて荷造りをしましょう。

荷造りに袋を使う場合の注意点

ダンボールなら上に何個も積み重ねられるのですが、袋はそうはいきません。

袋ばかりで梱包してしまうと、たくさん積めない事や荷崩れの原因にもなります。

なるべくはダンボールに入れ、袋での梱包はあくまでも不足分を補う程度にしましょう。

【本・書類】
本やCDなど重いものは、なるべく小さめの箱に入れるようにします。
(少量の本や雑誌の梱包は、紐で縛ってまとめていただいても大丈夫です。)

【食器やワレモノ】
新聞紙などでしっかり梱包、小さめの箱に入れるようにします。

大きな箱にワレモノや本など重いものを入れると、安定感がなく底抜けなど破損の原因になります。

ワレモノや固い材質のものは、紙袋やビニール袋にはいれないようにしてください。

※梱包については業者によって多少違いがありますので、依頼先の説明にそってご準備をお願いします。

時間優先ならネットでダンボールを購入が便利!

ホームセンターでも売られていますが、インターネットで購入できるダンボール屋さんがあります。

重いダンボールも宅配で届けてもらえますので、忙しくて集める時間がないという場合に便利な方法です。

関連記事

About us

東京都江戸川区拠点

ブログをお読みいただきありがとうございます!
軽トラックでの緊急配送、単身引越しをお取扱いしています。