学生寮・学生会館春の引越し準備はじまる

学生会館、寮等、春の引越しが集中する2月中旬~3月の準備も、もうはじまっているようで、単身引越し便のお問い合わせが増えてきました。

受験や就職活動などが一段落して部屋探しをはじめている学生さんもいれば、もっか奮闘中という方もいらっしゃるでしょう。

既に決まっている場合は、1月~2月初旬(シーズン前)がお得ですので、卒業式を待たずに引越しを済ませてしまうかたもいます。

春の引越し・新社会人さわやかな空のイメージ

進学・就職での引越し

先日も、東京で学生生活をしていて就職も決まっているが配属先が3月にならないと確定しないため、一旦実家(長距離)に荷物を送っておいて、決まったら会社の独身寮にはとりあえず必要品のみ荷物を送る方法をとるというお客様のお引越しをお手伝させていただきました。

いろいろ考えて引越しの準備をされているんですね。

試験や研修などでご本人の時間がないというケースもあるようで、親御さんからお問い合わせをいただく事もあるのですが、学生会館(寮など)は、学校や会社のスケジュールをこなしながら引越しの事も考えなければならないため大変です。

特に初めて引越しをするという学生さんにとって知らない事もあったり不安もあるでしょう。

引越しの見積をするという事も社会勉強になるので、できればご自身で問い合わせや準備をする方が良いとは思います。

ただ引越しシーズンは、学生さんだけでなく、社会人の転勤や単身赴任もあるので、年間で一番混みあう時期なのです。

うっかりしていると自分のスケジュールと希望している引越し会社の予約状況が合わないというケースも予想されます。

どうしても時間的に厳しい場合はこのさえご家族にも協力してもらって、荷造りや引越しの準備でできるところは進めておくと安心かもしれません。

学生さんの春の急な引越し

入学先や就職先の状況などにもスケジュールの影響を受ける学生会館へのお引越しは、日程が急になる事があります。

急なお引越しで困らないために、以下の事は頭においておくと安心かもしれません。

入居日と時間の確認

学生会館(寮)、会社の独身寮などでは、入居日や荷物を搬入して良い時間が決められているケースも多いです。

予約の前に、入居日、荷物を搬入できる時間帯なども確認してから業者を手配しましょう。

荷物を事前にまとめておく

日程や予約はまだできないという段階で、出来る事は「荷造り」です。

荷造りは意外と時間がかかりますので、引越しの予定があるのでしたら早めにしておくと後で楽です。

部屋のスペースも限られる寮では、荷物の制限を設定している事もありますので、小物や書籍、4月~5月に着る洋服など当面の生活に必要だと思うものから荷造りしておくと良いかと思います。

現在ご実家にお住まいでしたら、夏物や冬物は、使う時期になってから少しずつ送ってもらうなども考えてみてはいかがでしょう?

急でもスムーズな引越し手配をしやすくするために荷物を明確に伝えられるように荷物リストを作成しておくなどの準備もオススメです。

親御さんに見積や予約を頼む際は、できるだけ詳しく伝えておくか、荷物だけは自分で業者に連絡するなどがより良いでしょう。

荷物を分散して運ぶ場合

現在ひとり暮らしをしていて、就職先の研修期間中だけ会社の寮へ引越しするというケースでは、必要品のみ移動し、あとは実家へ一旦送るというパターンもあります。

この場合実家が遠方でしたらそれだけ料金もかかるかと思いますので、先ほどのお客様のようにシーズン前のお得な日程で一旦実家に送り、移動先で引越し日程が決まったら、宅配など低料金で送れる程度の少量の荷物に限定して送るなども賢い方法かと思います。

レンタルボックス(貸倉庫)へ必要品だけ預け、寮には持っていかない分はシーズン前に実家に送り、もう使わないであろうというものは処分しようか・・・など、いろいろ検討しているみたいです。

新生活の準備で何かと忙しい時節、風邪をひかないように暖かくして頑張ってくださいね!

関連記事

About us

東京都江戸川区拠点

ブログをお読みいただきありがとうございます!
軽トラックでの緊急配送、単身引越しをお取扱いしています。