日程や時間帯での違い

引っ越しは混雑のない日程、一般的には、月末よりも月の半ば、土日より平日の方が利用者が少ないのでおすすめという風にいわれています。

実際には、業者により多少違いますので、日程や時間について少し補足します。

混雑する日程

引っ越しを専門にしているところと、企業間の配送などを行う運送業の中に引越というカテゴリを置いている場合、
あるいは、不用品処分など産業廃棄物を取り扱っている業者が引越しサービスを取り入れているなど、引越し業者といっても業務形態が様々です。

一般のお客さんが中心の引越し専門の場合は、土日や休日は予約が集中しがちですが、企業の運送を受けているところはむしろ平日の方が忙しいなんていうところもあります。

引っ越し、企業の配送、共に込み合うのが3月後半です。

時間帯での違い

ファミリーの引っ越し規模ですと、なるべく早い時間に引っ越しを終わらせて、荷ほどきをしたり、ゆっくり夕食をとる時間を持ちたいと考える方や、
午前便は、ほぼ時間通りに来てもらえる点でも安心感があるという理由も加わって、午後より午前便が人気なのだとか。

午前と午後と夕方などで1日に数件のお引っ越しを同じトラックとドライバー・スタッフで回れる
というメリットがある場合は、時間指定なしで安い見積が出ることもあるようです。

移動距離が長いお引っ越しや、地域などによっては、業者側で時間を設定することがあります。

午前・午後をお客様側で選べない時もあるので、必ずしも午前より午後~夕方が価格的にお得というわけではありません。

当サービスは単身者さんのお引っ越しが主なのですが、午後からゆっくり始めたいという方も少なくないため、予約枠がある場合は午前、午後のどちらでも同じ見積もりを出しています。

という具合に、各社違いがあります。

日程や時間の都合がつく場合は、見積もりの時に「第1希望は〇日の午前だが、相談は可能」など都合の詳細を伝えておくと良いと思います。

早朝・夜の引越し

仕事が忙しくて引っ越しをする時間がとれないという方で、通勤前の朝の時間帯や、お仕事が終わってからの夕方~夜に引っ越しをしたいという方もいらっしゃるかもしれません。

朝7~9時、夕方6~8時などの時間帯でしたら時間の相談は受けてくれるところはあると思います。
(早朝深夜は割増がある傾向。)

周囲が静かな時間帯は、昼間よりも音が響きます。
どんなに気を付けても、エレベーターの往復する音は調整できませんし、台車を転がす音、人の行ったり来たりする足音なども響きます。

ご近所迷惑になるような時間(22時~の深夜や、朝6時前など)の作業は避けた方が良いです。

関連記事

About us

東京都江戸川区拠点

ブログをお読みいただきありがとうございます!
軽トラックでの即日運送、単身引越をお取扱いしています。