上手な荷造りの仕方

単身者さんの引越で、よくお取り扱いするお荷物内容を例にとり、安全に運ばせていただくための荷造りの仕方です。

引越し荷造りのイメージ画像

荷造りに必要な資材を準備

荷造りは思っている以上に時間がかかります。
慌てないように、早めにご準備をしましょう。

ダンボール
できるだけしっかりしたものを用意する

古紙・厚紙・エアパッキン
このほか、食器などのワレモノを梱包するのに活躍するのがタオル類です。
荷物も増えずクッション性があるので便利です。

ガムテープ・紐など止めるもの
紐は少量の本をまとめたり、分解したパーツをまとめるのにも使えます。

荷物別・荷造りの仕方

チェスト・引き出し・衣装ケース
荷台のスペースを有効に利用するため引出しが外れるタイプの物であれば、中身は入れたまま、運搬時に引出しを外して運べば荷造りの手間もなく、ダンボール数を減らせます。

運搬時に重量のあるタンスは、引出しを外して運び、荷台の中ではめ込むように致します。

中身が見えてしまうのが気になる場合は、ビニールや布などを上にかぶせておくと良いです。

プラスチックの衣装ケースなども中身を入れたままでOKです。
※引出しがとり外しできないようなタイプの場合は、別に梱包してください。

本棚・ラック類
分解が必要な場合は、分解した状態までのご準備をお願いします。

ガラスの扉は外れるタイプは、外して、別に梱包しておくのが安全です。 (ガラスと記入してください。)

棚板の外れるものは、外してひも等でまとめ、外したネジなどは、設置箇所に止めた状態にしておくか、 止めた状態で外れてしまいそうなネジは、まとめて袋などに入れてください。
※オプション(有料)サービス:分解・組立作業

冷蔵庫
中身は、別に梱包してください。
前日、遅くても運送の2時間以上前までにコンセントを外しておきます。

洗濯機
空の状態で洗濯物や排水管の残り水は除き、蛇口部分のホース排水管を取り外し、配線は外しておいてください。
※オプション(有料)サービス:洗濯機の脱着作業

テレビ・ビデオ・オーディオ・レンジなどの小家電
小家電は配線を外してまとめておきます。
できるだけ安全な状態にしてご準備ください。

配線のみ外した状態でお預かりし、毛布等での保護は標準設定で対応しております。
通常はこの状態でも安全に運ばせていただいております。

製品自体が劣化している、ネジなどのゆるみがある状態で、特に落とす、ぶつけるなどの衝撃を与えずに外れてしまった等は保険の適用がされません。

細かい部品がむき出しになっているようなもので、気になるものがございましたら、部分的にでも保護をしておいていただくか、安全な状態でお預けください。

配線を外す時は、引越先ですぐつなげるように、どこにつなぐかをコードと本体に印しておくと(色シールや番号など)便利です。
※オプション(有料)サービス:エアパッキン(プチプチ)での個別梱包

パソコン
データのバックアップを取り、マウス・キーボード・ディスプレイ・本体を別にし、コードもまとめます。

購入時の箱があればベストですが、ない場合はできるだけ安全な状態で預けてください。

他の小家電と同様に、毛布やタオルで巻いて運ぶ事は標準設定で対応しております。

製品が古く劣化しているなどで、特に落とす、ぶつけるなどの衝撃を与えていない場合でパーツが外れるなどは保険の適用がされません。

気になる場合は荷造りの段階でご準備をし、安全な状態でお預けいただくようお願い致します。
※オプション(有料)サービス:エアパッキン(プチプチ)での個別梱包

布団
いらないシーツ、大きな風呂敷などで包むか布団袋にしまいます。
布団はかさばるお荷物ですので、お荷物量が多めの場合や、 2組ある場合は、圧縮袋で小さくされると良いです。
注:)羽布団は圧縮はできません。
※オプション(有料)サービス:布団袋(圧縮袋兼用)

ベッド マットレス
マットレスカバー・毛布等で保護をして運びます。(基本サービス)

脚つきマットレスは、足は外しておきます。

ベッド フレーム(枠)
パイプ、木製等の枠は、運搬の際に必ず分解して運びます。分解の際、ネジなどは、はめてあった位置に止めておくと、組立ての時に分かりやすく紛失しづらいです。
※オプション(有料)サービス:ベッドフレームの分解・組立作業

食器・ワレモノ
みかん箱を基準になるべく小さく厚めでしっかりしたダンボールにいれ安全な状態にしておいてください。
重いものは、底が抜けないようにしっかりとテープで止めます。

間にプラスチックの容器や軽めのものを組み合わせて、バランス良く入れると良いです。
そうすると、重くなりすぎず、重ねた下の方の物が重さで割れる事も避けられます。

グラスや薄いガラスのものは周りにハンドタオルやあるいは乾物の食材などを詰めて、クッションをつくるようにすると安全です。
※忘れずに「ワレモノ」「食器」などと分かりやすく明記してください。

荷造りの順番と印

  • 引越が決まったら、普段あまり使わないものから荷造りを開始。
  • 引越の前日、当日まで使うもは最後にしまって、引越先でもすぐにわかるように印をつけておきます。
  • 引越先では、使うものから順に開梱していきます。
    荷造りの時に、箱に書く印は、中身の名前の他、優先順位(後でよいもの・先に開けるもの)を書いておくとスムーズです。

※補足事項
この記事は、当サービス(軽トラック)を使った単身引越し便をご利用いただくお客様向けに、なるべくお荷物をコンパクトにして安全にたくさん積めるようガイドしております。

荷造りの仕方の細かい部分は、業者により多少異なるところがございますので、依頼先にご確認ください。

関連記事

About us

東京都江戸川区拠点

ブログをお読みいただきありがとうございます!
軽トラックでの即日運送、単身引越をお取扱いしています。