タンスの中身は別に梱包する?

「タンスの中身は別に梱包しますか?」
荷造りでいただくよくあるご質問の1つです。

一般的なことと、当サービスの場合とでご説明します。
(当サービスは軽トラックという小さな荷台を使うので、ちょっと他の引越業者さんとは違うところがあります。)

整理ダンス・洋タンス
背の高い大きなものは、タンスだけでもけっこう重いですし、扉タイプですとハンガーがかかっていたりしますので、中身を入れたまま運ぶということは困難です。
通常は中身は空にして、衣類は別の箱に梱包するものです。

背の低いチェストや小さめのタンス
基本的には別にした方が良いものですが、業者によりそのままでもいいことがありますので、依頼したところに確認してみてください。

当サービスの場合
単身引越しなので、そんなに大きなタンスを運ぶことはなく、背の低いチェストや小さな整理ダンスがほとんどです。

小さな荷台をできるだけ有効に使いたい為、別に梱包してダンボールが増えるより、チェストや引出し型の整理ダンスの中身はそのままでOKという風に説明しています。

但し、木製のしっかりしたタンスは小さくても重量があります。
中身がパンパンだとけっこう重くなってしまうので、運搬の際に一旦引出しを外して、荷台の中ではめる作業をすることがあるので、引出しが外れないタイプは、別に梱包していただくようにお願いしています。

衣装ケース
軽いプラスチック製の入れ物(衣装ケースなど言われるもの)は、ダンボールに入っているものと同じ扱いになるので、衣類であればそのままで良いものです。

引出しが飛び出さないようにと気を利かしてガムテープで引出しを止めてくださっている事がありますが、
普通のガムテははがすと粘着剤が残ってベタベタしてしまいます。

テープを張る場合は粘着剤が残りづらい「養生テープ」というグリーン色のテープ(ホームセンターでガムテープのそばに置いてあります)がおすすめです。

当サービスの場合、テープで止める必要があれば、こちらでしていますし、数段になっていて重い場合など、中身の安全を考えて、引出しを外して運ぶこともあるので、止めなくても大丈夫ですとお伝えしています。

その他
衣装ケースとほとんど同じ形の収納ケースに、CDや本など重いものをいれている場合は注意してください。

重いものをプラスチックのケースに満パンにいれた状態で運ぶと、入れ物が割れてしまうかもしれません。

本や重いものは、しっかりした小さめのダンボールにいれて、底をガムテープで補強する形で梱包する方が良いです。

その他、衣類ではなく、小物入れとして使用している場合、ワレモノ、ゴツゴツして重量のあるもの、引出しの中で動いてしまうと壊れてしまうようなものは、運ぶ時に中身がゴロゴロ動かないようにして預けるか、別に梱包をします。

おおまかにまとめましたが、実際には業者毎に多少異なるため、依頼先に直接確認してくださいね。

関連記事

About us

東京都江戸川区拠点

ブログをお読みいただきありがとうございます!
軽トラックでの緊急配送、単身引越しをお取扱いしています。